はーブログはーこの日常をつづっております。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
    PIW2013八戸公演 一日目 14:21
    0
       5/18(土) 西→東

       さあアイスショーだよー! 二年ぶりの八戸プリンス!
      (以下、ふれあいの写真が中心でちゃんとしたPIWレポにはなっていないのでスミマセン)

       今回もロビーには出演スケーター宛のお花が並んでいるけれど、特にプリンス初出演の遥ちゃんあてのお花がかわいらしい。女の子はやりがいがあっていいね。

      お花1

       新井田の場内は確かにすいていて、一昨年、その前の二度が大盛況だっただけにちょっとさみしいところ。でもトイレもロビーも混んでいないし、観客としては楽である。

       私は八戸の前にプリンス新横浜公演の初日初回を見ていて、そのときには、ゲストはオープニングに出ていなかった。その後で出て滑るようになったと聞き「おおっ」と楽しみにしていたのだけれど、岳斗君の位置はオープニングもフィナーレも幕に近いほうで、私の席からはよく見えなかった。
       他の方のレポを見たところでは、岳斗君はフィナーレで向きを間違えたそうで、見られなかったことがとーっても口惜しい! そういうの大好物なのに!!^_^

       曲順はオープニング終わってすぐが遥ちゃんでその次が岳斗君。
       フレンズ2012のために作り、3月の神戸でも滑ったジャンピンジャック。
       かっこいーーーー。
       ジャンプはルッツ降りた後でスリップした感じで転倒。「照明ありで滑ったのがひさしぶりで…」とイイワケしていた。(確かに去年のフレンズ以来ですね)

       フィナーレはいつものように出てきて「一芸」。イーグルからコーナーで3ルッツ。惜しくもステップアウト。この回は3ルッツ勝負だったのか、同じ場所で町田君も3ルッツ、織田君もイーグルから3ルッツを飛んでいた^^
       
       公演初回のふれあいタイムはお客さんも遠慮がちなのか比較的すいすい進むものだが、この回は特にスピーディに進んでいた。
       八戸の東西南北は新横と完全に逆で、この回は西側のEX。(新横の東)

      みなみちゃん

      坂頂みなみさん。ますます美しくなられて^^ タイタニックのとこも可愛かったです。

      (みなみちゃんに写真を撮らせてもらっていたらなぜか左手で男性陣が渋滞していた。
      面白かったのだが写真は失敗)

      2013051801yamato

      田村岳斗さん。

      2013051801yamatake

      田村岳斗さんと本田武史さん。

      2013051801yamatake3

      そこに織田信成さんも来たので、「おだくーん」と呼び止めたけどさーっと通り過ぎて行っちゃったので、彼の動向を見やっている田村先輩と本田先輩。

      2013051801yamatake2

      先輩達、なんか突っ込みながら笑ってます。
      えーと私も待ってていいんでしょうか……@@

      2013051801yamatakenobu

      先のお客さんとのふれあいをすませて、織田君戻ってきてくれました!
      突っ込まれたのか、爆笑してました(笑)

      2013051801yamatakenobu

      これは初めて撮れた3ショット♪

      2013051801yamatakenobushi

      わー静香ちゃんもー!

      2013051801yamatakenobushi2

      (他のプリンスの公演でこんな4ショは絶対無理だと思いますが、特にこの八戸の初回はのんびりした雰囲気だったんですよ〜。いやでもさすがの私も動揺しました^^;; 後で見たら渡すはずだったプレゼントが手元に残ってた!)

      2013051801yamatakenobushi3

      田村岳斗さん、織田信成さん、荒川静香さん、本田武史さん。ありがとうございましたー♪


      …さて大満足の初回公演を終えて、一回目と二回目の間はおなじみ「おだわら」へ。

      20130518odawara

      前も同じように公演の間に食事に行ったものだけど、今回は食事してパフェを食べてもまだ時間に余裕がある。前はバタバタとリンクに戻ったのに。やっぱりふれあいタイムにかかる時間がだいぶ違ったんだなあ。


      土曜日二回目は東側。

      2013051802yamato

      田村岳斗さーん。
      今回はオープニングから二人目にソロを滑ったらフィナーレまで出てこないので、「ふれあいタイムで別の衣装に着替えられるのでは?」とたずねてみたけど「これしか持ってきてない」。「ご実家にないの?」「うーん、イイでしょこれで?」ええ、この衣装かっこいいので、いいんですけどー。どー。

      2013051802yamahirorina

      小林宏一さん、澤山璃奈さん、田村岳斗さん。
      (自分の前でお話がすんでじゃあ、と見送った後、5メートルぐらい先でプリンスファンの方に宏一くんと一緒に止められていたのを見て、とことこ歩いていって写真だけ撮らせていただきました。こういうのもひさしぶりだな〜^.^)

      2013051802tatsuki

      「白夜行」がすてきだった町田樹さん。とても丁寧にフレンドリーに対応してくれました。
      彼と話した人はみんな彼のファンになっちゃうと思う。


      20130518sashimi

      この晩の宴はチェーン店で。お勘定は安かったけどとても美味であった。
      今回の八戸ではさばのトリコに! 焼きさば! しめさば! さば刺身!!
      ショーも八戸グルメも明日に続く
      | 田村岳斗 | comments(1) | - | posted by ha-ko -
      PIW2013八戸公演(前日) 19:13
      0
        (前のエントリーが2年前のプリンス八戸公演であることと、ひさしぶりにログインしたこのブログのおとといのアクセスが300もあることに目をつぶりつつ………)


         5/18(金)

         朝イチの三沢便で八戸入り。

         なぜ飛行機なのか、なぜ選手より早い現地入り、と聞かれたけど(笑)泊まりたいホテルのパックツアーに新幹線プランがなかったとか、休みを取ったから勢い余って一日3便のうち朝便にしちゃったとか、まあたいした理由はない。


         プリンス八戸公演、ここに至るまでにはゲストの発表がすごく遅かったとか売れ行きが芳しくないようだとかいろいろあったけれど、二年ぶりの八戸行きにこの一行は非常に浮かれていてそんなことはどーでもいい。私たちは今までに軽く三桁の回数アイスショーを見ていると思うけど、満員御礼のショーもいいが、そうでもないショーもいいものなのである。というか目当てのスケーターさえ出てさえいれば何の文句もあろうはずがない。

         それになんと言っても場所は八戸なのだ。


         ホテルに荷物を置き、特に予定もなかったのでとりあえず「はっち」を見物。



         入ったところにある「八幡馬」の円柱が素敵。色塗り前のものもユーモラスでいいけれど、白の模様がレースのように美しい。


         それからバスで八食センターへGO。お土産を買える予定が他にないのでお菓子などを購入。真っ赤なきんきんや美味しそうな貝類などに心惹かれるが、このスケジュールでは生ものを買うことはできず無念。

         この日はちょうどとあるフライデーの発売日で、館内のテレビで美姫ちゃん関係のワイドショーをやっていたのをちらりと眺める。モロゾフ大好き日本のマスコミもようやく彼を諦めたのであろうか。

         お昼ごはんとして刺身定食や握りなどを満喫。 

         飽食の宴は幕を開けたばかりである。



         バスで中心街に戻り、ホテルにチェックインして、おもむろに北岳の茶屋へ。

        「やってるよ」のときにお店に行くのがあこがれだったのだ。

        (やってるよの看板はうしろのほうに見切れ気味に写っている)



         岳斗パパが入れてくださった美味しいコーヒーやケーキをいただいたり、日大時代の抱腹絶倒話から十和田のボランティアのお話までいろいろとうかがう。



        【北岳の茶屋の新規展示物】

        オモチャのバットが青緑二本!


         

         緑のバットはフレンズオンアイス2009、青いほうは去年2012年の神戸チャリティのもの。どちらも出演者のサイン入り。

         緑のほうはフレンズの最終公演の前にみんなにサインをもらって、これもファンにあげようかと思っていたんだけれど(ボールをプレゼントしていたからね)、「カートやみんながサイン以外のことも書いてくれてたのであげられなくなった」と言ってました。

        目の当たりにできて非常に嬉しい☆  


         カート「Glad you made it to 1st Base」 ベン「Home Run!!!」



        これは神戸の刑事君。後ろはしーちゃんの「ホームラン!!」。

        消えそうになっている部分があるのは「サインしたあとで使った(ボールを打った)から」だそうです。


         よく「これをオークションに出したらいくらになるか」という話になるのだけれど、できればそれはやめていただきたい……すごく欲しいけどすごく高くなりそうじゃよ……。


         そうこうするうちにバットの持ち主がご帰宅。



         織田君達と一緒に仙台経由で来たそう。



         髪型は横からだとこんな感じ。

         田村岳斗さんはいつも夏になると髪を短く短くしてしまうので、夏のショーでもトップはこの程度は残していただきたいところです。




         というわけで北岳の茶屋をおいとまし、晩ごはんに食べた活イカにも満足満足。

         


         明日あさってとプリンス三昧!

        | 田村岳斗 | comments(0) | - | posted by ha-ko -
        PIW2011八戸公演 岳斗トーク 23:57
        0
          ロビーに飾られていた、昨年のプリンス出演者のサイン。

          piw2010board

          プリンスの新横浜公演では、2部冒頭のじゅんじゅんトークコーナーに日替わりでゲストを呼んで、震災についての話をしていました。

          八戸でももちろんこのコーナーはあって、土曜の二公演では地元八戸出身の岳斗君と坂頂みなみちゃん、日曜は大輔君と静香ちゃんがそれぞれ参加していました。

          収益が義援金になるタオルマフラー販売のお知らせがあったりなかったり、じゅんじゅんやスタッフサイドの方も、被災地での公演であることに気を遣っているであろうことが感じられました。
          でも、トークのあとにはいつものようにコールや拍手の練習があって、いつものように賑やかにトークコーナーは盛り上がってましたよ。(ま、大ちゃんが出てきたときには、この練習の3倍ぐらいの音量だったので、まあ催促しなくても出るときには出るのではないかと…)

          岳斗君はこのコーナーの直後が自分のソロだったので、衣装の上に黒いダウンを着て登場。ショーで滑るときにはウォームアップから靴を履く時間まで、出番から逆算して細かく調整しているものだそうなので、これはちょっと気の毒でした。一部で滑り終わっているか、二部のもう少し後だったらよかったんだけどな。
          でも、ご本人の言葉で話を聞かせてもらえてよかったです。


          土曜一部 岳斗トーク

          ぼくは今、大阪にいるんですが、被害をテレビで見て、
          遠くにいても苦しい、というか悲しい気持ちになりました

          おとつい岩手県の野田村というところに行って、
          そこは津波の被害でほとんど流されてしまっていて、
          本当にこれからどうするんだろうという気持ちになったんですけど

          街のみなさんが、笑顔で、
          前向きにやっていこうというすごいエネルギーが伝わってきて、
          「スポーツで勇気をあたえる」とかいうよりも、
          僕が逆に、野田村の方々に勇気をもらったような気がします

          ぼくも本当にこうして人の前で話したり滑ったりするのはちょっと、
          出番の前とか不安なんですけど(笑)
          みなさんの前で滑ったりするのも緊張するんですけど、
          被災された方に比べたら、なんだ、ぼくの悩んでることとかそんなこと
          ほんとうに小さいことなんだなって

          被災された方に追いつくぐらい、
          逆に、ぼくがみなさんを追いかけるぐらいに

          今日これから滑るんですけど、
          エネルギーを出したいと
          全力で、滑りたいと思います。


          土曜二部 岳斗トーク

          2回めはじゅんじゅんとの対話形式に。

          じゅんじゅん
          「岳斗君は八戸出身ということで、
          中学生まで?こちらで滑って、練習していたんですよね?」


          中学校まで八戸で。
          昨日、ひさしぶりにこっちに来たので、
          通っていた中学校と小学校のまわりとちょっとうろうろしてたんですけど

          懐かしくて、学校の回りを行ったり来たりしてて

          ただそれが…下校時間と重なってしまって(笑)

          黒いジャージで行ってたんで、
          変な人〜みたいな感じでちらちら見られてたのが
          ちょっとはずかしかった 

          こっち出身なんですけど道に迷ってしまって(笑)

          10年以上ぶりぐらいなので
          まわりの建物も変わってしまっていて
          1時間ぐらい散歩する予定だったんですけど、1時間40分も歩いちゃって

          じゅんじゅん
          「よい運動になったねー」

          けっこう距離ありましたね。

          じゅんじゅん(←話題を震災方面に振ろうとしている)
          「でもすごく思い出深い場所に行って、
          あらためて思ったこととかあったんじゃないですか。どうですか?」

          やっぱりあの、自分が育ったところで迷子になるっていうのは…
          道も聞けないし……素で気がついていない)

          (場内笑)

          ちょっとうーん…………なにをいってるんでしょうねー気がついたらしい)

          じゅんじゅん
          「私の聞き方がわるかったごめんなさいごめんなさい! 
          八戸出身ということであらためて、今回のショーに参加して、
          震災によって自分の地元が大変になってしまったことに
          いろいろ思うところもあると思うんですけど」

          震災後初の、八戸のアイスショーって言うことで
          被災された方達に
          勇気を与えるとかそういうつもりではなくて

          2ヶ月たって
          もう前を向いて進んでいるんで
          逆に僕の方が教えられたというか…

          ぼくが、いまもちょっと緊張してるんですけど

          ほんとにあのそういう、
          生きるか死ぬかっていうことにくらべたら

          氷の上で滑ったって、
          転んだら立てばいいことだし

          僕の不安なんて小さいことなんだって
          いま、感じています

          じゅんじゅん
          「岳斗君の滑りでみんな、伝わることがあると思うんですよね。
          いろんなものを伝えて、いけるんじゃないかと思うんですけど」

          そうう…かなああ??(自信なさげ

          じゅんじゅん
          「大丈夫大丈夫!」

          (場内拍手)

          じゅんじゅん
          「では田村岳斗さん
          このあとすぐ華麗なスケーティングを披露してくれるんですけど
          そのスケーティングではなにを、伝えましょうか
          なにを見てほしいですか」


          僕はちょっともう、年をとってしまったんですけど

          (岳斗君より6歳年上のじゅんじゅん、もちろん反応/笑)

          僕と10個もちがうようなスケーターたちに…

          じゅんじゅん
          「大丈夫、まだ私より若いからっ!」

          (笑)若さに負けないで、ぼくも元気を出して、
          ベストを尽くせればと思っています!






          | 田村岳斗 | comments(3) | - | posted by ha-ko -
          PIW八戸公演 あっこちゃんのこと 23:56
          0
            新横浜に続き、うっとりするようなベレッツァを滑ってくれたあっこちゃん。前回のプリンスにも来ているし、今年の三沢の国体にも出ているし、八戸のお客さんに大人気でした。

            しかし千秋楽公演ではフリップをパンク、2アクセルを転倒、サルコウが二つパンクしてしまい、ジャンプがどれも残念な出来になってしまいました。演技後の挨拶で四方に「ごめんなさい」をして残念そう。
            フィナーレでは3サルコウ3ループを(セカンドちょっと足りなめだけど)頑張って降りて、意地を見せました。

            あっこちゃんとは今までほとんど面識はなかったと思うのですが、毎回フレンドリーにお話をしてくれて、日曜一回目で友MEさんが「タイタニックの衣装が見たいな」と言ったら気軽に「じゃあ着ますね」って千秋楽で着てきてくれたんです。 
            ふれあいタイムで回ってきたときにMEさんが「この衣装大好きなので、着てきてくれて嬉しい」と声をかけると、あっこちゃん、
            「古いのでところどころほつれたりしているんですけど、気に入っているので…」
            「この衣装から、あっこちゃんの歴史がはじまったんだものね」とMEさん。

            プログラムのジャンプについては「最初のジャンプを失敗したら、焦っちゃって」。
            長久保先生と今、ジャンプを基礎的な部分から見直しているところなので、なかなか安定しないんだということでした。
            この位置にあるあっこちゃんがそんな努力をしていることを知って、私たちが思わずじーんとしていたら、あっこちゃんも大きな瞳からぽろぽろと涙をこぼして、手でぬぐいながら「あー、もう(泣いちゃって)回れない〜」。
            友Eちゃんが貸したハンカチで涙をぬぐっても、まだ涙。
            「さっきも(演技の後)裏で泣いちゃって、しーちゃんに励ましてもらったんですよ」
            そこにちょうど静香ちゃんが回ってきたので、
            「あっこちゃん泣かしちゃいました」と言ったら
            「泣かしちゃダメですよ〜!」と金メダリスト。

            akko
            あっこちゃんの頭をよしよし、と優しくなでて、励ましていました。
            さらにそこに結弦君がやってきて、涙のあっこちゃんを見て「僕もあっちのほうで(回ってきた途中で)泣いちゃった」。

            akko

            akko

            写真をお願いすると、静香ちゃんがあっこちゃんを真ん中にね、って結弦君にはじに行ってもらってはさんで、3人でポーズを取ってくれました。(3人が並んだときに、後ろのスタンドから大きなどよめきが)

            | フィギュアスケート | comments(2) | - | posted by ha-ko -
            2011PIW八戸公演その2 03:01
            0
              minami

              八戸出身、坂頂みなみちゃん。地震当日は八戸にいらしたそうです。
              土曜の二公演でトークに参加、不安だったけれど、皆さんの支えがあって参加できて感謝しているということを、ときに声を震わせながら真摯に語っていました。

              hirokazu&makoto

              小林宏一くんと中田誠人くん。

              yamato

              田村岳斗さん。
              岳斗君も土曜の二公演でじゅんじゅんトークに参加しました。
              出身校をひさしぶりに見に行って、家の近くなのに迷子になったそうです(笑)
              「黒のジャージでなんだか不審者みたいだし、家の近くだから道も聞けないし……」

              yuzu pose

              羽生結弦くん。
              チゴイネルワイゼンも見納めでしょうか。

              去年のふれあいタイムでも「若いのにお客さんの気持ちを受け止めて投げ返す、ゆづくんってすごいなあ」って思っていましたが、今年は更にパワーアップしている感じ。
              友達が「去年、八戸で白鳥を見てすごいなあって思ったけれど、今年はもっとすごくなっていましたね」と言ったら、「去年のはSPだったのでジャンプが優先だったけれど、でも今は表現の部分を最初から掘り下げなおして滑っているので」と説明してくれました。

              daisuke black

              高橋大輔くん。
              八戸のお客さんは全体的におとなしいのかなと思いきや、大ちゃんが出てきた時の熱気はやはりすごかったです。
              氷上での濃厚な表現と、直接相対したときのなんだかへにゃへにゃしたところにギャップがあるのも、また彼の魅力なんですねえ。

              私たちは大ちゃんから「やまとくんのファン」だと認識されているので、友がプレゼントを渡したら「えー、いいんですか?」と言われてずっこけていました。
              最初のフレンズのときに、同じ友達がプレゼントを渡して「やまとくんに渡すんですね?」と言われたことを思い出したよ……。(←そんなことするわけないですよー!)






              | フィギュアスケート | comments(0) | - | posted by ha-ko -
              | 1/102 | >>